【1890万件】福井安い引越し業者【口コミランキング】/人気で安い料金のおすすめはドコ?

kobetete.png

福井で小学校の転校手続きについて

2.png引越しする事が決まった場合、学校に通う子供がいれば転校するための手続きが必要となりますよね。

転校の手続きは、あちこちに出向かなければいけない上に、必要な書類も多く困ることも多々あるでしょう。
急きょ決定した引越しの場合は、引っ越し先がはっきり決まっていない事もあり得ますが、大事なポイントを抑えれば円滑に手続きを進める事が可能です。

当サイトでは、子どもを過去に転校させた経験を持つ私が、順を追って手続きにまつわるポイントをお教えします。
 

小学校の転校手続きQ&A

Q.プライベートな事情で転居先の住所が現在決定していません。小学校の転校手続きは可能でしょうか。

A.転校にはやむを得ずするケースもあり、特別に許可される事もあり得ます。たとえば、DVやストーカーに悩み住所を変えたいが、まだ固定の住所を決めかねている。特例が認められています。即座に相談してみましょう。
他にも、特認校と呼ばれる小規模な学校の存在も。学区外の住まいからでも通学できる運営体制となっています。

Q.転校手続きは新旧の学校や教育委員会に息子も一緒に連れていった方がベストですか?

A.転校前の学校は保護者だけで連絡を取り、関係書類の対応をするべきでしょう。どの時期に、転校のことを児童たちに伝えるか等、担任と相談すると思うので、逆に子供がいると話しづらいこともあります。
逆に新しい学校では子どもと先生、お互いが知っておきたいでしょうから、一緒にいきましょう。ただなにか話しておくことがあれば先生に相談し別の席を設けましょう。

福井の教育委員会
住所:福井県福井市大手3丁目10番1号
電話:0776-20-5111(代表)
 

Q.公立から私立へ転校可能ですか?

A.可能ですが、通常私立の方が勉強が先に進んでいる事が多いです。私立へ転校後に家庭でも状況の把握は必須になりそうです。


急な事情には仕方ないですが、特に区外等への場合、転校手続きだけでも数日必要になるかと思います。更に共働きの家庭の場合、必要な手続きなどが休日にしかできないため、「続きは一週間後に…」ということもあり、うまく進まないケースもありがちです。

引越しの1週間前までに転出届を出し、転居後は二週間までに転入届、そのタイミングで小学校の手続きも行わなければいけません…!

学用品をそろえたり、時間がいくらあっても足りない状態になりますので、できれば、なるべく小学校の夏や冬の長期休みにするのが一番と言えますね。

夏休みと春休み、冬休みの間にゆっくり手続きを行いながら子どもの状態をよく見て、ケアをしていくことが大事かと思います。
kobetete.png